ブログ | 中井駅より徒歩3分の落合中井鍼灸院整骨院 - パート 40
トップページ > ブログ

【キッズスペース&個室完備】

  • 2016年12月03日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは。落合中井鍼灸院整骨院西嶋です。

11月もあっという間に終わり今年も残すところ1カ月となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、当院のキッズスペースと個室について書き込みをいたします。

まず。。。

こんなことでお困りの方はいませんか?

◎身体が辛くて治療したいけど子供がいて通院ができない。。。

◎子供が赤ちゃんで、一緒に連れてきて治療ができるのかがわからない。。。

大丈夫です!!

当院では治療を受けられている際,お子様たちが遊べるキッズスペースをご用意しております。

また、赤ちゃんとご一緒の場合は、ベビーカーと一緒に乗せたまま個室へ入っていただき

治療を受けることが可能です。

私たちは治療を受けたくても受けれない、そんな方のために少しでもお役に立てればと

思っております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気になる点がございましたらお気軽にご相談下さい。

落合中井鍼灸院整骨院 西嶋まで TEL 03-3362-6665

インフルエンザ

  • 2016年11月29日
  • カテゴリー:未分類

寒くなり故郷に思いはせる土谷です。

最近巷でインフルエンザの話題をよく耳にします。

img_02_03

インフルエンザは、急激な38〜40℃の発熱と共に、筋肉痛・関節痛などの全身症状が出るのが特徴です。

なぜインフルエンザでは、筋肉痛や関節痛が起こるのでしょうか?

Painful Joints

筋肉痛や関節痛の原因はインフルエンザウイルスにあると考えがちですが、実は別の理由があるのです。

その原因は風邪ウイルスやインフルエンザウイルスではなく、プロスタグランジン(PGE2)という物質が関係しているといわれています。

プロスタグランジンは体内で分泌されますが、単体で分泌されるわけではありません。では、どのような状況でプロスタグランジンが分泌されるのでしょうか。

体の中に風邪やインフルエンザウイルスが侵入してきたら、ウイルスから身を守るサイトカインという物質が白血球から分泌されます。サイトカインは過剰に分泌されることもあり、分泌量が多すぎると臓器を機能不全にする危険性があります。そこで、プロスタグランジンが分泌されます。プロスタグランジンには、サイトカインの過剰な分泌を抑える働きがあるのです。

プロスタグランジンには、サイトカインの生成を抑制するほかにも、血管を拡げて血液のめぐりをよくしたり、発熱させてウイルスの増殖を防ぎ、免疫反応を高めたりといった働きがあります。つまり、風邪やインフルエンザによる関節痛は、体の免疫細胞がウイルスと闘っている証拠であるとも言えます。

風邪やインフルエンザによる関節痛をやわらげる方法は、主にふたつあります。

1.患部を冷やす

冷却剤をタオルで包み、痛む関節にあてて徐々に冷やし、血管の拡張を抑えることで痛みをやわらげます。

2.解熱鎮痛剤を使う

痛みがひどい場合は、解熱鎮痛剤を使って下さい。ただし、市販の解熱鎮痛剤の中には、インフルエンザで脳症を起こしてしまう危険性がある成分を含む薬もあるため、注意が必要です。

風邪やインフルエンザによる関節痛は、体の免疫細胞がウイルスと闘うために起こっているもののため、風邪やインフルエンザを治すことで痛みも治まります。痛みがひどい場合は、患部を冷やしたり、解熱鎮痛剤を服用したりしましょう。

落合中井鍼灸院整骨院 土谷

12月のお知らせ

もうあと数日で12月に入りますね。
今年も残すところあと1か月、なぜだか無性に焦りますね(笑)

また月が替わりますので保険証の提示をよろしくお願いいたします。

12月の各先生のお休みの日をこちらでも載せてみようと思います。
0001パソコンでは特に見ずらいかもしれませんが、白く抜けている日がお休みになります。
左から「西嶋 土谷 大沼になります。ご予約等の参考にしてください。

当院は年末年始は12/31~1/3までお休みをいただき、1/4より診療をいたします。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

落合中井鍼灸院整骨院 一同

だいぶ冷え込んできました。

  • 2016年11月21日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは、院の前に落ち葉がたまってきまして冬の到来を感じる今日この頃の大沼です。

今更ですが大沼は柔道整復師で骨折脱臼をはじめ、主にけがの対応が割と得意分野ではありますが、実は鍼灸師でもあります。
なのでたまには鍼灸師らしく東洋医学でお話してみようかと思います(^^)

よく聞きます「片頭痛」のお話です。
現代医学ではセロトニンという神経伝達物質(化学物質)の一種が、脳内や血管内に存在していて、血管を収縮させて興奮をおさえる鎮静作用があります。
ストレスを感じ始めると、興奮を抑えようとしてセロトニンが血液中に大量に放出され、ストレスを感じている間は血管が緊張して収縮しています。
ストレスから解放されるとセロトニンが減少し、血管の緊張がとけるのですが必要以上に拡張が起きるとズキンズキンと痛みが出ます。
ストレスを受ける→血管にセロトニンが大量に放出される→血管が収縮→ストレスから解放される →セロトニンが急激に減少→血管が必要以上に拡張→片頭痛がおきるhead-kakucho

東洋医学では「冷え」が原因と言われています。
冷えが身体にあることで気や血のめぐりが悪くなり循環するはずの流れがつっかえてしまいます。
そうなることで行き場を失い滞った気や血が頭に溜まることにより痛みが出ると考えています。
さらに冷えると脾(消化器系)の働きが悪くなり水分代謝(体内での物質の変化や入れ替わり)が落ちて(どろどろとしたもの)が体に溜まりさらに流れずらくしてしまいます。
その原因は様々で、人の体は生活習慣ストレス環境などの要因により、気血の流れに偏りや滞りが起きます(体内の循環に乱れが起きてきます)。
そしてだんだんと体の芯に「冷え」が生じ、多彩な症状があらわれます。
o0400032012088433318
じゃあどうすれば…気と血と水の流れが乱れることにより頭痛が起こるのであるから、この流れを整えてやれば解消するのでは!ということですね。
鍼灸をつかって降りてこなくなった気血をおろしてくると同時にお腹や根本的な冷えに対しお灸などで熱の刺激を加え「冷え」を取り除いていきます。
「冷え」は気づかないところでだんだんと時間をかけ芯で大きくなっていきます。
根本治療は時間がかかり根気のいる治療です。しかし、鍼とお灸で身体の芯の冷えを取っていくことで、症状が徐々に和らぎ、再発のしにくい体に改善されると考えています。

普段のセルフケアとしてはよく聞くものですと膝から下を冷やさないことや、お風呂でお体をゆっくり暖めること、適度な運動も効果的です!
デスクワークはてきめんに流れを悪くさせて くれます。
長時間の座位や、同じ姿勢は身体の流れを滞らせ脾(消化器系)の働きを悪くし、目を長く使うことで血を消耗します
おまけに首回りも固まって、もう頭痛まっしぐらといっても過言ではありません。
寒くなりより冷えも溜まる季節になってきます。
長時間の同じ姿勢をうまく避けつつ、冷え対策をし、鍼灸治療でもうひと対策いかがでしょうか?(^^)

やっぱり東洋医学のお話は話す方も聞く方も難しいですね…
もっとわかりやすい説明を支度してお待ちしております(笑)

落合中井鍼灸院整骨院 大沼

 

PC作業・スマホの長時間使用にご用心

  • 2016年11月15日
  • カテゴリー:未分類

こんにちわ。先日映画で感動しました土谷です。

現在、国民の半数以上がスマホを所有しており、今や生活する上で欠かせないアイテムとなっています。
しかし、その一方で、スマホ操作による首、肩の痛みで悩む方が増えています。

PC、スマホを操作している時、頭が下がりうつむいた姿勢になっていませんか?
長時間PC,スマホの画面を見ることで眼精疲労をおこしていませんか?
このような姿勢や眼精疲労状態を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけての筋肉がこわばり血流が悪くなります 😥

今、社会的に問題となっているのが長時間のPC、スマホ操作によるストレートネックです。
ストレートネックとは頚椎の自然な湾曲が失われる症状のことを言います。首が真っ直ぐになることで、本来バネのように分散していた負荷が全て首や肩にかかり、首、肩の痛みが引き起こされるのです。

「ストレートネック」の画像検索結果  「ストレートネック」の画像検索結果

こういった姿勢で日々生活するとレントゲン写真のようになると言われています。

当院でもストレートネックやざまざまな症状で悩まれて来院される方が多くいらっしゃいます。
そんな患者さんの施術をし、患者さんに合わせたストレッチや体操などご案内させていただいています。

しかしなかなか来院できないかたも、できる事から意識していきましょう!!

・長時間作業しない事(1時間に一回は立ち上がったり背伸びをして下さい)
・できるだけ視線を上げる(デスクの椅子の高さなどで調節して下さい)

まずはこの二点から気を付けてみてください 🙂

落合中井鍼灸院整骨院 土谷

 

ご予約はこちら